聖地公園

品行方正

株をはじめたいけど、なんだかファンド選びが難しくなかなか投資をスタートさせることが出来ないなんていう場合、ファンド選びが容易なインデックスファンドはいかがでしょう。どのファンドを購入しても当たり外れがなく、アクティブ運用型に比べると組入銘柄の選別に手間がかからないので、運用コストが割安ですみます。

ファンド選びのポイントは、できるだけ純資産残高の数字が大きいファンドを選ぶのが良いでしょう。
さらに、投資コストの安さに注目してみるとファンド選びは比較的簡単に済んでしまいます。
なんだか、メリットばかりの様な気がしますが、デメリットもしっかりあります。

このファンドの目的は、市場平均に対して運用実績を連動させることなので運用実績がアクティブ型に比べ、見劣り感は否めません。良くも悪くも市場平均並みの運用成果しか期待はできません。

【バランスが大事】
中長期にわたり、比較的安定したリターンを積み重ねていきたいと考える投資家に向いていると言われるのがバランス型ファンド。1本のファンドで分散投資効果が得られ、誰でも簡単に恩恵を受けることができるというメリットがあります。

しかし、投資コストの面を考えると意外とコストがかさむファンドが多いという場合があるので、日本株、外国株など特定の資産クラスに投資する複数のファンドを保有し、自分で資金配分を調整する方がより効率的な運用ができる場合もあります。

運用環境に応じて、その時々でファンドに組入れられている複数資産の組入比率が変更されてしまうため、現在どの資産にどの程度の資産配分比率で投資しているかをリアルタイムで把握するのが難しくなっています。

しかし、バランス型ファンドで大切なのは何に投資しているかを知りファンドの持つリスクを把握するということです。「安定」という言葉に安心せずに、リスクの把握というものをしっかり知る努力をしなければ痛い目にあってしまうかもしれません。


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/atic/public_html/www.fukayaseichi.jp/hinkou.html on line 55

Warning: file(http://www.kinyu-school.net/linkcon/link/1) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/atic/public_html/www.fukayaseichi.jp/hinkou.html on line 55

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/atic/public_html/www.fukayaseichi.jp/hinkou.html on line 57

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/atic/public_html/www.fukayaseichi.jp/hinkou.html on line 58